RMT業界最速、最安値の専門サイト
ゲーム通貨の取引安心、迅速、最安値にお任せください

ホーム   >>  GAMENEWS

FIFA15 RMT iPhone Android コインの稼ぎ方集め方
2014-10-13

まとめ
ブロンズ選手のみでクイックシュミレート連打が基本。ある程度たまったら転売へ。
クイックシュミレート連打で大体時給8千 – 1万コインくらい※下方修正されました
基本的に別のことをしながら3分に1回さらっと確認くらいで
最終的にはただの転売ゲームなので通信環境を変えてみるといいかも

FIFA14まであった契約をシステム自動買い取りはやめたようです。実際に選手を操作しないで試合ができるクイックシュミレートモードでコインを稼いでくださいとのことです。完全にやめたわけではなく時々は売れます。

DIV1まであげきってまともなスカッドでリセットしつつ稼ぐ方法もありますが、面倒なのでレートの低いブロンズでクイックマッチ連打の方がいいでしょう。リセットした段階で3分無駄=約500コインロスト。さらに勝敗を常時確認する手間が面倒です(※来年頃青が出そろってきてDIV1放置でほぼ確実に勝てる状態ならDIV1タイトル狙いでもいいかも)13や14でマネモやってた人はクイックシュミレートといえば即試合結果画面で次に進める状態ですが15のFUTは通常のシュミレートをクイックと呼びます。慣れるまでややこしいですがマネモの事は忘れましょう。

2014/10/01前後から下方修正されています。
ざっくり300試合ほどデータ集計した感じだと平均650-660くらい。数千試合すればもうちょっと正確なデータとれそうですが詳細はEAのみぞ知る。ブロンズ選手を最後15で売却を計算に入れると1試合選手コスト約92くらい。650-92=558。1試合毎(3分毎)に約550コインという感じでしょうか。
相手チームをバルサやレアルにして難易度修正をx1.79にするより適正な相手でそのまま連打してた方が効率よさげです。難易度修正はチーム格差とゲーム難易度(ビギナー)などから計算されています。ややこいので割愛します。  


 

クイックシュミレートのコインの稼ぎ方
ポイントは3つ
カスタマイズから設定をワールドクラスへ
契約数14×11人状態から始める
タップ数をとにかく減らす

まず最初にやることは、右上の歯車マーク→カスタマイズへ
難易度を、ワールドクラスへ(難易度による係数変更重要)



次に適当にブロンズパック400を6パック程あけましょう。ブロンズの選手がだいたい3人入っているので選手を全て保存します。契約もたまに買い取ってくれるので150即決200でオークションに出品しておきましょう。手元に2,400コインない場合はプレイ→クイックマッチから適当に試合しましょう。


さっき保存したブロンズの選手18人でチームを組みます。ポジジョンケミストリーなどは無視してください。画像はGKが3人いますがどうでもいいです。OVRの低い選手からベンチへ置きます。左側の監督は不要です。特に40台の選手は少ないのでレートさげ要因に置いておくといいでしょう。表示変更をタップし、スタメン11人の契約数14になっているかを確認しましょう。



準備が整ったらプレイ→左下にあるクイックマッチへ



ランダムで相手が表示されます、そのまま右上のチェックマークで次へ進みます。自分のチームレートに見合ったチームが自動表示されます。ブロンズの場合バルサやレアルが表示されることはありません。

初回だけ難易度ワールドクラス設定になっているかを確認しましょう。
右側のクイックシュミレートを押し約3分待ちます。
怪我やレッドカードの場合試合がとまったら適当にポジション変更します。



14試合後に選手の契約が切れるので全員クイック売却し、再度ブロンズパック400を開け選手を全員入れ替えます。契約更新はしません。時間の無駄です。ブロンズレアの選手は契約切れでも150から売れるので売りにだしておきましょう。FUTを始めた時の選手は契約数が半端ですが、常時スタメンに1人か2人入れる、レッドや怪我の時の交代要員として消化しておきましょう。


とにかくタップ数を減らすのがポイント。3分操作すれば約500コインが稼げるという意識をもちましょう。無駄な操作をすればするほどコインロストです。

相手チームを選択したり、体力回復、怪我などは全て不要、約3分毎にクイックマッチをひたすら繰り返します。最初にスタメンを契約14で揃えているのは選手個別に契約切れになると次に進めず時間ロスになるためです。


シュミレートで稼ぎたい時は別のことをメインでしながら時々確認する程度が気楽でオススメです。ある程度たまったら選手の転売へ移行しましょう。数百万コインをためるには選手転売 or 課金がメインになります。